顧客管理システム開発・導入支援

フォーサイトクリエイションの考える使い続けられる顧客管理システム

使い続けられ、結果を出し続けられて初めて
顧客管理システムは導入する意味があります。

顧客管理システムとは

顧客管理システムとは、顧客に関する情報と顧客との商談内容の集約を行い、顧客と良好かつ良質な関係を築くためのシステムを指します。
また、顧客管理というのはよく「CRM(Customer Relationship Management)」で表現されます。

管理する情報は
・社名、住所、連絡先、担当者、業種、業界 などの顧客自体の情報
・自社の担当者、訪問日時、訪問回数、商談内容、取引実績などの情報
というようなものになります。

顧客管理システム(CRM)は、顧客との接点の強化という側面だけでなく、社内での効率的な情報共有にも役立ちます。
顧客情報をエクセルで管理していたり、属人的なシステムに頼ったりしている場合は、特に導入をおすすめ致します。

顧客管理システムの目的

顧客管理システム(CRM)の主な導入目的は、「顧客が求める商品、サービスを提供すること」です。

このために顧客の情報を集め、蓄積、分析し、顧客の求めるものを適切なタイミングで適切なコミュニケーションを用いて提供できるようにする必要があります。
これらのことを実現することにより、顧客の満足度が高まり、売上の拡大に繋がります。

顧客一人一人(一社一社)ごとに適したマーケティングを行うこと(One to Oneマーケティング)という手法の実現するためにCRMが導入すると言っても過言ではありません。

顧客管理システムのメリット

  1. これまで組織全体に分散していた顧客情報をシステム上で一元管理できる
  2. 顧客情報はリアルタイムに近い状態で更新され、常に適切な情報が管理される
  3. 営業担当者とカスタマーサポートの連携不足を解消して、顧客ごとの状況に応じたビジネスが展開される
  4. 顧客ニーズや顧客インサイトを掘り起こすための情報が自然と集約される
  5. 分析ツールと連携することで顧客分析を半自動化し、ビジネスの効率性が高められる
  6. マーケティングツールとの連携によって顧客の行動情報などをシステムに蓄積できる
  7. 名寄せ機能等を使って重複している情報を統合して、常に正確な顧客情報が管理できる
  8. 営業担当者が外出先から顧客情報の更新作業が行えるため、営業効率を改善できる
  9. 同時編集に対応しているため更新にかかる手間を少なくできる
  10. 顧客情報へのアクセスを特定のユーザーに限定できるため、不用意にコピーが作られる情報漏えいリスクを低減できる

このように、顧客管理システム(CRM)には様々なメリットがあります。ただ、導入の方法を誤ればこれらのメリットを十分に享受することができないこともあります。

顧客管理システムの導入を成功させるために

顧客管理システム(CRM)は大きく分けると5つに分類されます。

・「クラウド型」と「ソフトウェア型」

クラウド型とは、クラウドサービスとして提供される顧客管理システム(CRM)のことです。サーバーやパソコンにソフトウェアをインストールすることなく、インターネット経由で顧客管理システム(CRM)が利用できます。従って、外出先から顧客管理システムにアクセスするのも容易で、活用の幅が大きく広がります。

ソフトウェア型とは、サーバーやパソコンにインストールして利用する顧客管理システム(CRM)です。企業ごとに個別にシステムを構築するため、カスタマイズ性に優れた製品が多く、独自の要件に合わせた顧客管理システム(CRM)を構築できます。

・「汎用型」と「特化型」

さまざまなビジネスに対応した顧客管理システム(CRM)を汎用型と呼びます。さまざまな業界で共通した顧客管理のための機能を搭載しているため、標準的に利用できるのがメリットです。

一方、特定の業種に沿って作られた顧客管理システム(CRM)を特化型と呼びます。特殊なビジネス形態を持つような場合、特化型の顧客管理システム(CRM)を構築・導入するケースが多いでしょう。

・スクラッチ開発

企業ごとに独自のシステムをゼロから作るスクラッチ開発という方法もあります。
業務分析から営業手法の調査などを行い一社一社に最も適したシステムを開発していきます。

・顧客管理システム(CRM)の導入を成功させるには

簡単だから、安価だから、実績が豊富だからという理由だけでの導入は、自社に本当に最適かどうかはわかりません。
顧客管理システム(CRM)の導入を成功させるには、導入の目的や企業自体の体制などをしっかりと把握する必要があります。

フォーサイトクリエイションができること

フォーサイトクリエイションでは、どの分類の顧客管理システム(CRM)でも対応が可能です。

その理由は、
ヒアリングと分析を最も大切にすることによりお客様に最も適した形での導入が可能になります。
パッケージの導入だけでなく、業務分析から要件定義、そしてシステムの独自開発を行ってきた経験から
企業が本当に必要なことを実現するシステムを提供しております。

一つの方法に囚われないからこそ可能な使い続けられる顧客管理システムの導入をお約束いたします。

プロジェクトフロー


  • 1 分 析

    ヒアリング、業務確認・理解

    現状分析、課題の整理、潜在課題の発見

  • 2 戦 略

    課題改善策、価値の創造

    目標設定

    要件定義

  • 3 検 証

    モックアップ作成、要件定義の検証・確定

    最終承認

  • 4 システム構築

    システムの導入、デバック、フォームデザイン、
    セキュリティ対策

  • 5 テスト運用

    現場確認、不具合対応、課題改善の確認

  • 6 納 品

    サーバー設定、操作マニュアル

  • 7 アフターサポート(オプション)

    バックアップ、不正アクセス防止、更新サポート、
    バグ対応

ピックアップ実績

More
ページの先頭へ移動
応援キャンペーン実施中
問い合わせはこちら
HP無料診断お申込み