営業支援システム開発・導入支援

フォーサイトクリエイションの考える営業が捗る営業支援システム

営業活動システムは、営業の助けにならなければ
意味がなくその妨げになっては元も子もありません

営業支援システムとは

営業支援システムとは、Sales Force Automation(SFA)と呼ばれる営業活動を効率化し支援するシステムのことです。1990年代前半にアメリカで誕生したといわれています。日本でも多くの企業に導入されています。

基本的には営業マンが抱えている案件情報や顧客情報、営業履歴、進捗状況などをデータベース化して社内に共有することで、営業活動の効率化や目標達成率を向上させることを目的としています。
顧客管理システム(リンクをはる)との違いは、すでに取引実績のある顧客だけでなく、営業アプローチ中の見込み客のデータも扱う事といえます。

例えば、顧客情報を社内で共有することによって営業担当ではない社員も営業状況が把握できたり、中途採用者や新入社員が営業を担当することになった場合にもスムーズ引継ぎが可能になりすぐにでも営業業務を開始できるようになります。

営業支援システムの目的

営業支援システム(SFA)導入の目的は、

・営業というブラックボックス化(属人化)しやすい部分を、科学的に分析し情報共有できるようにすること。(=見える化)
・活用しやすい形でデータを加工することにより、ただのデータを活きた資産とすること。

といえます。

これらの目的を忘れ簡単だから、安価だからという理由だけで営業支援システム(SFA)を導入してしまうと、活用できない意味のないシステムとなってしまいます。

営業支援システムのメリット

営業支援システム(SFA)ができることを具体的に挙げると

  1. 顧客情報+案件情報+商談情報を管理する
  2. 売上データ取引データなどをレポート化できる
  3. 営業担当者のタスクを共有できる
  4. 営業担当者のToDoを共有できる
  5. 見積もりや請求書を作成できる
  6. 営業日報の作成や管理ができる

以上の様なことが可能になります。すでに一つ一つはデータとして管理していても、それらを活用できる形で連携させるには適切な形でのシステムの導入が必要不可欠です。

営業支援システムの導入を成功させるために

営業支援システム(SFA)は大きく分けると5つに分類されます。

・「クラウド型」と「ソフトウェア型」

クラウド型とは、クラウドサービスとして提供される営業支援システム(SFA)のことです。サーバーやパソコンにソフトウェアをインストールすることなく、インターネット経由で営業支援システム(SFA)が利用できます。従って、外出先から営業支援システム(SFA)にアクセスするのも容易なため、リモートワークにも活用しやすいというメリットもあります。

ソフトウェア型とは、サーバーやパソコンにインストールして利用する営業支援システム(SFA)です。カスタマイズ性に優れた製品が多く、独自の要件に合わせた営業支援システム(SFA)を構築できます。
サーバーにインストールすればクラウド型と同じく、外出先からのアクセスも可能です。

・「汎用型」と「特化型」

さまざまなビジネスに対応した営業支援システム(SFA)を汎用型と呼びます。さまざまな業界で共通した営業支援のための機能を搭載しているため、標準的に利用できるのがメリットです。

一方、特定の業種に沿って作られた営業支援システム(SFA)顧客管理システムを特化型と呼びます。食品業界向け、美容業界向け、製造業向け、など業界ごとに特化した機能を有しています。
機能に満足できれば、最も効率的に運用できる可能性があります。

・スクラッチ開発

企業ごとに独自のシステムをゼロから作るスクラッチ開発という方法もあります。
業務分析から営業手法の調査などを行い一社一社に最も適したシステムを開発していきます。

営業支援システム(SFA)の導入を成功させるには

簡単だから、安価だから、実績が豊富だからという理由だけでの導入は、自社に本当に最適かどうかはわかりません。
営業支援システム(SFA)の導入を成功させるには、導入の目的や企業自体の体制などをしっかりと把握する必要があります。

フォーサイトクリエイションができること

フォーサイトクリエイションでは、どの分類の営業支援システム(SFA)でも対応が可能です。

ヒアリングと分析を最も大切にすることによりお客様に最も適した形での導入を可能にします。
パッケージの導入だけでなく、業務分析から要件定義、そしてシステムの独自開発を行ってきた経験から
企業が本当に必要なことを実現するシステムを提供しております。

一つの方法に囚われないからこそ可能な営業活動が捗る営業活動支援システムの導入をお約束いたします。

プロジェクトフロー


  • 1 分 析

    ヒアリング、業務確認・理解

    現状分析、課題の整理、潜在課題の発見

  • 2 戦 略

    課題改善策、価値の創造

    目標設定

    要件定義

  • 3 検 証

    モックアップ作成、要件定義の検証・確定

    最終承認

  • 4 システム構築

    システムの導入、デバック、フォームデザイン、
    セキュリティ対策

  • 5 テスト運用

    現場確認、不具合対応、課題改善の確認

  • 6 納 品

    サーバー設定、操作マニュアル

  • 7 アフターサポート(オプション)

    バックアップ、不正アクセス防止、更新サポート、
    バグ対応

ピックアップ実績

More
ページの先頭へ移動
応援キャンペーン実施中
問い合わせはこちら
HP無料診断お申込み