企業における「ミッション」「ビジョン」「バリュー」の違いをご存知でしょうか? なんとなくは理解していても、説明するとなると難しいものです。また、色々な解説があり「どれが正しいのか?」「分かったようで分からない?」ということがよくあります。

ここでは、「なぜ、ビジョンやミッションやバリューが企業にとって必要なのか?」「ビジョンやミッションやバリューが企業にもたらす効果とは?」を簡単に分かりやすく説明していきます。

「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」の起源

ユダヤ系ドイツ人の経営学者のピーター F. ドラッカーは、絶え間なく変化するビジネス社会に関しての洞察を行っていました。2003年に出版された著書「Managing in the Next Society(ネクスト・ソサエティ)」の中で「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」の必要性を唱えています。

その内容は、未来の社会において多国籍企業にとっての最大の課題は、その社会的正当性を示すことだというものでした。企業にはそのために、「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」が必要となるというのです。「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」は企業の存在意義や社会的なポジション、そして方向づけのもとになります。

 

①「ミッション」の意味・定義

「ミッション(Mission)」は、「使命」や「任務」といった意味の英単語です。ここでは、「企業が果たすべき使命」という意味で理解しましょう。

企業にとってのミッションは、その事業を通して何を成し遂げたいのか、社会に対してどういった価値を提供するのかを示すものです。自社が利益を得るためだけに事業を行うのではなく、社会にとっての存在意義を示すのがミッションとなります。

たとえば、「これまでにない食体験を提供し、食の大切さと喜びを届けます」といったように、自社が社会に提供できるもの、事業を通して目指しているものを示すのがミッションです。

 

②「ビジョン」の意味・定義

「ビジョン(Vision)」は、「視覚」が主な意味の英単語ですが、「見通し」や「展望」「構想」といった意味もあります。ビジネスにおいては、「目標」や「方向性」といった意味で使われますが、ここでは、「将来こういう企業でありたい」という展望を掲げたものがビジョンと理解しましょう。

例えば、「顧客満足度No.1」や「業界のトップリーダーになる」「グローバル企業へ」など、企業そのものが目指している姿を具体的に表現するものがビジョンです。社会に対して、そして社員全員に対して「なりたい姿(未来像)」を宣言します。

 

③「バリュー」の意味・定義

「バリュー(Value)」は、「価値」や「値打ち」といった意味を持つ英単語です。ビジネスにおいては、理念・ビジョンの実現に向けて「一人ひとりが大切にする価値観」と理解しましょう。バリューを打ち出せば、社員の行動指針として使うことが可能です。

バリューの土台となるのが、企業理念です。企業理念が表している理想的な企業の姿を実現するために、どんな行動をするかを示すのがバリューといえます。例えば、「(顧客第一という理念を達成するために)お客様の視点に立った行動をします」などがバリューです。

 

「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」の役割

言葉の意味としては、ミッションは「使命」、ビジョンは「展望」、バリューは「行動指針」という違いと役割があります。まずミッションがあり、それに基づいてビジョンがあり、ビジョンを達成するためにバリューがあるというのが考え方の順番です。

ミッションは企業の「存在意義」を示すもので、企業活動を行う上での根本的な考え方となります。ビジネスは利益を追求するのが当然ですが、ミッションは営利を抜きにして、その事業を行う意義を示すものです。

ビジョンでは、ミッションを実現するための具体的な方向性を示します。ミッションだけでは目的が抽象的なので、企業が目指すべき姿を明確にしたビジョンが必要となります。

バリューでは、理念実現のために必要な社員たちの考え方、行動指針、価値観を設定します。社員は、ミッションやビジョンを意識しつつ、具体的な行動の方向性はバリューを通して学ぶことになります。

 

「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」が必要な理由と効果

多くの企業が「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」の重要性に注目し、それらを見直そうとしていますが、どうして「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」が企業経営において重要視されているのでしょうか。その理由をご説明していきます。

 

①企業を発展させるための社内の共通の目的と意識統合

社長が直接的に収益を創造している企業は、社長が直接マネジメントする範囲以上に企業が成長することはありません。企業が成長していくにつれて、「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」が必要になり、それらがあることによって、社長と同じ判断のできる社員が育つ組織を作ることができるのです。

逆に、「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」がなく、社長の指示で全て動かしている企業の場合は、仕事の質や納期を保つために社長が現場まで直接手を入れてしまっていたり、判断の多くを社長にゆだねているため、スピードやクオリティの低下に繋がります。
社長が各論まで入り込まずとも、仕事の質に差が生じず勧められている状態、そして全社員が会社として大切にするべきポイントを理解し、スピード・クオリティを維持し続けている状態が実現できるのが、「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」があることによって得られる効果です。

 

②ブランドイメージの確立

そもそも、商品・サービスを提供しているすべての企業には、それぞれ「ブランドイメージ (=その企業らしさ)」があります。 「ブランドイメージ」とは、顧客がその企業に抱いている印象であり、顧客の購買行動を左右する影響力があります。「ブランドイメージ」が弱ければ、顧客には「どこの企業でも変わらないのであれば、安いところで買おう…」「この企業の製品はよく分からないけれども、A社の商品は安心できるから、A社のものを買おう!」という心理状態が働き、結果として顧客から選ばれにくい企業になってしまいます。

そこで、「ブランドイメージ」を強固にするために必要なものが、「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」です。「ミッション」・「ビジョン」が社内に浸透し、社員一人ひとりが「バリュー」を体現していくことで、 社内においては、共通の目的に向かう意識統合がなされ、その企業らしい商品・サービスが生まれたり、顧客とのコミュニケーションの際にも、その企業らしさが随所に現れたりします。 そしてその結果、顧客からの評価とブランドイメージの確立に繋がります。 競争環境の激しい現在において、顧客から選ばれ続ける企業であるために、「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」を明確化すること、そしてその体現を目指して浸透活動を行うことは非常に重要です。

 

「ミッション」・「ビジョン」・「バリュー」を浸透させるためのポイント

浸透プロセスにおけるポイントは、大きく以下の3つです。

1.「理解」や「共感」を促すこと
2.行動の「具体化」と「基準」の明示を行うこと
3.「効力感」を感じさせ「継続」させること

「浸透」の全体的なプロセスでは、「共有」→「行動」→「習慣化」がとても重要です。社内浸透しなければ全く意味がありません。
それを可能にする手段の1つとして、クレドカードやコンセプトブック(デザイン・コミュニケーション)を作成することがとても効果的です。

 

◆企業理念を浸透させるコンセプトブック実績紹介はこちら>>

 

まとめ

ミッションは企業の存在意義を示すものであり、それぞれの分野でどういった価値を提供するのかを示したものでもあります。ミッションは、その企業が目指している姿だけでなく、最も大事にしていることが伝わる内容であるのが理想です。

そして、ミッションをビジョンに落とし込むことにより、企業としての姿勢が明確になります。ミッションとビジョンは企業の「軸」として機能し、迷った時の「道標」となってくれるでしょう。

ミッションとビジョンのそれぞれの役割を理解した上で策定しておくと、企業としての「軸」が強くなります。人生の目標を定めると進むべき方向がハッキリするように、ミッションを掲げることで企業が目指すべき姿が明確化するでしょう。

まずは利益を抜きにして、「どういった企業でありたいのか?」「事業を通して何を実現したいのか?」を考えてみてください。それが自社の「ミッション」になるはずです。

 

 

◆私たちが提供する【ブランディング&マーケティング戦略】も参考にして下さい>>

株式会社フォーサイトクリエイション
大阪・本町にある株式会社フォーサイトクリエイションは、パンフレットなどのグラフィックデザイン制作からコーポレートサイトなどのホームページ制作・ブランディングまで集客・売上・採用強化などお客様のご希望にALL in ONEで、すべてお応えします。
お客様のご希望やお悩みをしっかりヒアリングすることから始め、明るい未来へとご案内いたします。
まずは、お気軽にご相談ください。

TEL:06-6556-7519
https://f-creation.co.jp/



コーポレートサイトはこちら
お問い合わせ
お名前 *
会社名
電話番号 ハイフンなしでご記入ください。
メールアドレス *
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容
プライバシーポリシー *

株式会社フォーサイトクリエイションでは、当WEBサイトから送信いただく個人情報について、当サイトの「プライバシーポリシー」に基づいて管理させていただきますので、同意いただいた上で、情報の入力をお願いいたします。
※送信内容はSSL暗号化通信により高度なセキュリティで保護されます。