コロナにより今までの常識が崩れ、いま世界は新しい時代を迎えました。商談や採用も働き方も、今まで以上にインターネットを中心とした時代になり、インターネット抜きにビジネスを考えることが不可能になりました。

総務省のデータによると、自社のホームページを開設している企業の割合は91.8%まで増えています。つまり約10社中9社は自社のホームページを開設し、何かしらの宣伝を行なっているといわれています。

このような世の中でも、ホームページを持っていなかったり、数年ホームページ情報の更新がされていない企業が多くあるのは何故でしょうか?

今まではそれで良かったかもしれませんが、コロナ禍やアフターコロナの新時代では、企業などのホームページの必要性は、以前と比較できないほど高くなっています。今までのホームページの作り方ではメリットを得ることが難しくなってくるでしょう。

それでは、あなたの知らないホームページの重要性をご説明していきます。

 

ホームページを重視しない企業

社長のホームページやインターネットに対する理解が無い

車など分かりやすい価値のモノにはこだわって、高級車をすぐに購入するくせに、ホームページには全くお金を掛けたがらない、作っても予算を殆ど掛けてくれないといった声をよく聞きます。自分が分からないモノには興味がなく、昔ながらのスタイルを変えない社長は、社員の方が根気よく説得するしかないです。

その他にも、

  • 地域密着の営業活動をベースにしていてお客様と面と向かった商売をしている
  • 知人からの紹介で、じゅうぶん集客ができている
  • 人通りの多い立地なので集客には困っていない
  • 名刺交換、チラシ配布、電話営業、飛び込み営業、接待といったアナログな手法だけでしか仕事が取れない

などありますが、これからは必ずインターネット化されていくことを理解しておきましょう。

 

企業体質を映し出すコーポレートサイト

これからは実際に良い商品や良いサービス、社員への手厚いサポートなどを行っていてもサイトに掲載されていない、または伝わっていなければ「やっていない」と判断される時代です。

情報が更新されていなかったり、採用サイトだけ新しかったり‥‥残念ながら、それが【企業体質】だと判断されます。しかし、コーポレートサイトを観て感じた「企業体質」や「企業イメージ」はあながち間違いではないことが事実です。

そのような企業に限って、優秀な人材を求めていることが多々ございます。貴社が求めている優秀な人材ほど、必ずコーポレートサイトも観て企業を判断しているにもかかわらず・・・

実際と異なるのであれば、機会損失になるため早めの改善をお勧め致します。

 

新時代に必要なことは「営業や採用の他力本願からの脱却」

コーポレートサイトや採用サイトは数少ない自社媒体です。実際にやっていること以上に分かり易く伝わっていないと持つ意味がありません。採用もマイナビやリクナビの統一された情報や期限が来たら消えてしまう情報だけではこれからの時代は不十分です。

これから採用する人材は、生まれたころからインターネットやスマートフォンがあった世代です。社長や人事部長よりはるかにインターネットやサイトの見方、使い方は達者であることを理解しましょう。

 

コロナで増えた学生のPC普及率

コロナにより殆どの大学がオンライン授業に切り替わったこともあり、学生のPC普及率は一気に上がりました。採用サイトを作成する際に、コストを下げようとスマートフォン用のサイトだけ作成した企業もあると思いますが、PCで閲覧する学生も増えたため、これからはPCとスマートフォンに対応するレスポンシブデザインのサイトがベストです。

※レスポンシブデザインとは
どんなディバイスからでも見やすく、使いやすいページレイアウトにするための技術です。PC、スマホ、タブレットなど、ユーザーがインターネットのページにアクセスする端末(デバイス)は多様化しています。Webサイトにレスポンシブデザインを導入すると、同じ内容の情報を、アクセスする側の端末に応じた表示に自動で切り替わり快適に閲覧できるようになります。

 

ホームページから得られる恩恵

①売上アップ

アクセスが増え、見込み客からのお問い合わせや集客ができるようにホームページを育てていくことで売上アップにつながります。企業はこの目的のためにホームページを運営しなければいけません。

②信頼の獲得

情報を探そうとしたとき、インターネット上に正確な情報が掲載されていて、定期的に会社の情報やお客様との取引事例や実績などが更新されていることで企業・技術・製品・サービスなどの信頼を獲得することができます。

③営業ツール

商品やサービスについて、一般ではわかりにくい特徴やメリットやデメリットなどの説明を公開することで、興味のあるお客様に、直接会わなくても商品についてお客様のタイミングで伝えたいことをお知らせすることができます。

④優秀な人材の獲得

人材不足の現代ではマイナビやリクナビといったリクルーティングサイトやハローワークだけでの求人活動は正直難しくなっています。自社の魅力や職場の情報などを公開することで選択肢となる可能性があがります。優秀な人材ほどコーポレートサイトを閲覧・比較して企業の絞り込みを行っていることを認識しましょう。企業体質を見抜かれます。

⑤情報更新コストの削減

ホームページはパンフレットなどの印刷物と違い、低コストで情報の更新・発信ができ、修正・メンテナンスが簡単ですので変更が頻繁に行われる会社や商品サービスの情報はホームページでの取り扱いが適しています。

など、メリットは数多くあります。

ホームページはサーバーさえ止まらなければ24時間365日、文句も言わずに働いてくれますし、来訪した人に、会社の案内や商品情報を伝えたり、商品を直接販売したり、資料の送付など人の手を介さず行うことができます。ホームページがもたらすメリットを享受できるようになるにはしっかりとした戦略と運用が必要ですが、ホームページを持たないことへのリスクに比べると大したことないと思います。

 

ホームページを持たないリスク

ここでは「ホームページを持っていない」だけでなく、「ホームページは持っているが、効果が無い」ものも含まれます。

①見込み客を奪われる

同じ地域だけでなく全国に「競合」が存在している場合、ホームページが無いことで見込み客が競合会社に移っていく可能性がとても高まります。毎年依頼してくれていた馴染みの企業からの仕事がなくなった、というホームページを持たない会社はこれからますます増えてきます。

また、メールフォームやチャットなどをお問い合わせページに設けている会社は多いです。これは時間外のお問い合わせにも対応できるということで、仕事終わりや土日など営業時間外にでも問い合わせ・要望を受け付けることができるので見込み客は連絡が取れる方に流れてしまう可能性が高まります。

また、新規取引先を探す担当者も、生まれたころからインターネットやスマートフォンがあった世代になってきていることも認識してください。

 

②優秀な人材を奪われる

新卒や中途の採用にも効果を発揮するホームページですが、「持っていない」または「持っている意味がない」というだけで求人応募の土台に乗らない可能性が高いです。求人媒体やハローワークに求人を出したが応募が全くない、という企業もこれからはもっと増えていくと思います。

また、自社の優秀な人材も転職に興味を持っているかもしれません。自社よりも魅力ある仕事・職場・経営者という企業が見つかったらあなたの会社を辞めて情報を魅力的に公開している企業に転職する可能性も高まります。

採用関連の書籍の中には、訪問する会社の情報は事前に企業ホームページでチェックしておくのがマナーと書かれているものもあります。魅力的で優良な会社であればホームページがないからという理由で応募が来ないという事態は避けたいものです。

実際の企業規模や実績では到底勝てない企業でも、ホームページでは勝つことが可能です。そういった企業こそ、ホームページに力を入れて欲しいと思います。

 

③信頼を構築できない

新しい会社を立ち上げるときには銀行口座を開設すると思いますが、あるネットバンクでは口座開設の際にホームページのアドレスがあると手続きがスムーズになることもあります。架空の会社ではないという証明がホームページでできるということでしょう。

今やインターネットに情報がないことがビジネスを行う上でリスクになりえます。新しい会社であまり知られていない商品やサービスを販売する場合、特徴やメリットデメリットをお客様自身で調べることができないと不安になり、情報がある方に移って行ってしまいます。

また、会社について調べて情報がないと「表に出せない情報があるのかな?」とイメージが悪くなる可能性が高まります。インターネットで全ての情報を取得できるようになった今では、企業にとってホームページが無いことは大きなリスクになりえるということがご理解していただけたかと思います。

信頼構築ができないまま、見込み客だけでなく有能な人材まで出て行ってしまっては事業の継続はできません。「ホームページはうちには必要ないかも」と思っている企業の方は持たないリスクをしっかりと考慮していてください。

「ホームページが無い・載っていない情報=存在しないということです。

 

持っているだけでは意味がなくなった新時代

ホームページを持て要るからと言って安心できません。中には持っていない方がましなホームページもたくさん存在しています。持っているなら、企業のマイナス要素があってはいけません

また、多くの企業がホームページを持ち始めたことで、以前はホームページがあるだけで問い合わせが来ていたという会社も、インターネット上にライバル会社が増えてアクセスや問い合わせが減ったという現象がこれからもっと増えてきます。

ホームページは活用の仕方によっては集客にとても有効ですが、何もしないで古い情報のままだったり、スマートフォン対応していなかったりするだけで業績にもマイナスの影響を及ぼすようになりますので取り扱いには注意が必要です。

これからの新時代に必要なのは、「ホームページを持っている」ではなく、
「自社の魅力や強み・自社にしかない価値・競合と差別化などを分かってもらえる中身(コンテンツ)が重要」
ということを理解しましょう。

 

株式会社フォーサイトクリエイション
大阪・本町にある株式会社フォーサイトクリエイションは、パンフレットなどのグラフィックデザイン制作からコーポレートサイトなどのホームページ制作・ブランディングまで集客・売上・採用強化などお客様のご希望にALL in ONEで、すべてお応えします。
お客様のご希望やお悩みをしっかりヒアリングすることから始め、明るい未来へとご案内いたします。
まずは、お気軽にご相談ください。

TEL:06-6556-7519
https://f-creation.co.jp/



コーポレートサイトはこちら
お問い合わせ
お名前 *
会社名
電話番号 ハイフンなしでご記入ください。
メールアドレス *
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容
プライバシーポリシー *

株式会社フォーサイトクリエイションでは、当WEBサイトから送信いただく個人情報について、当サイトの「プライバシーポリシー」に基づいて管理させていただきますので、同意いただいた上で、情報の入力をお願いいたします。
※送信内容はSSL暗号化通信により高度なセキュリティで保護されます。