ゴルフ業界が直面する2020年問題とは!?

団塊世代(戦後に第一次ベビーブームが起きた1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)に生まれた世代を指す。)に人気のあったスポーツとして、スキーやゴルフがあげられますが、今やどちらのスポーツも競技者が激減してきています。

【車が必要】【費用が高い】【難しい】などという理由により、若者がスキーやゴルフをやらないことで次世代ファン作りが上手くできなかった事が要因と言われています。その代わり、団塊世代が元気でそのスポーツを支えてきましたが、2020年には70歳を超えてきており体力的にも限界がきています。ゴルフよりも体力のいるスキーはすでに厳しい経営状況に陥っていますが、いまだにゴルフ場売上の多くを占める団塊世代のゴルフリタイアメントのダメージはかなり大きく、倒産するゴルフ場も続出しかねないと問題視されています。

また、ナイキやアディダスがゴルフ用品から撤退したことも、この深刻な状況を物語っています。

 

メンバーシップコースからパブリックコースへ

昔はゴルフ会員権を持っていることがステイタスであり、持っていないとプレーできない状況でしたが、今ではゴルファー減少や価格競争できるようにメンバーシップコース(会員制ゴルフコース)からパブリックコース(誰でもプレー可能なコース)へのモデルチェンジが加速しています。
施策の大きくは、【メインのゴルフコースを良くして、人を減らした運営を実現し、低価格で提供する】ですが、削減して良いところと良くないところの選別がポイントかもしれません。

 

 集客・会員獲得戦略が存続のカギ

日本酒もそうですが、ゴルフ場も広告を出さなくても大人気でした。そのような業界でしたので広告に慣れていないかもしれません。もちろん売上に直結するゴルフ予約サイトも重要ですが、【集客・会員獲得戦略】【顧客満足度の向上】【リピーターにつなげる戦略】を図ることが、とても重要なフェーズになってきていると思います。

私たちは、ゴルフ会員権を販売するためのウェブサイトやPV映像作成や、集客するためのポスター制作なども手掛けてきました。
大好きなゴルフに少しでも貢献していきたいです。

 

株式会社フォーサイトクリエイション
TEL:06-6556-7519
https://f-creation.co.jp/

お問い合わせはこちら>>