採用サイトとは、文字通り「採用を目的としたホームページ」のことです。採用サイトで発信する情報は、シンプルに自社の求人に興味を持っている人向けに、絞ることができます。

一方で、企業サイトの中に「採用情報」というページがあるのを見かけることがありますが、採用情報に特化した「採用サイト」とは何が違うのでしょうか?どちらのほうが良いのでしょうか?

 

「企業サイト」と「採用サイト」の違いとは?

企業サイトと採用サイトの大きな違いは、ターゲットと目的が異なるということです。

<企業サイト>

ターゲット:取引先、見込顧客、株主、社員とその家族などあらゆる関係者
目的:自社の事業内容やビジョンなどを、社内外に向けて発信すること

 

<採用サイト>

ターゲット:就活生、求職者
目的:詳しい採用情報を発信して、求職者に興味を持ってもらい採用に繋げること

 

このように、企業サイトと採用サイトはターゲットと目的が違うため、コンテンツも異なります。企業サイトは、一般的に会社概要や事業内容、IR情報、お問い合わせフォームなどで構成されていることが多いですが、採用サイトは自社に興味を持ってもらうために、競合と差別化が図れる自社の魅力を工夫して発信をしています。

 

なぜ「企業サイト」と「採用サイト」を分ける会社が増えているの?

今までは企業サイトの一部のコンテンツとして採用情報を掲載する企業が多かったのですが、近年では採用に特化した採用サイトを設ける企業が増えてきています。コスト・手間が増えるのに、なぜあえて採用サイトを別で制作をするのでしょうか?

それは、最初に述べたように閲覧者と目的が異なることが理由ですが、今までは募集要項を出しているだけでもそれなりにエントリーがあったが、今は人口の減少もあり優秀な人材の獲得が以前よりも難しくなったことが一番の理由です。

企業サイトの ‟おまけ” 的な採用情報ではなく、ここで働く意味や価値、成長する舞台に相応しい企業である証明や魅力をしっかり伝える必要が出てきたため、採用に特化したサイト(=採用サイト)を制作する企業が増えてきました。

 

求職者が求める情報を掲載しないと効果は無い

しかし、ただ採用サイトを作ったからと言って効果がある訳ではありません。

求職者が知りたい情報、重視しているポイントをまとめ、その答えを提供することが重要です。魅力的なビジョン、制度、文化があっても、入社する前に伝わっていなければ意味がありません。そのため求職者が興味を持ちエントリーを完了するまでに必要となる情報を整理し、コンテンツの作成をしていきましょう。

・競合と差別化が図れる自社の魅力
・ここで働く意味や価値
・成長する舞台に相応しい企業である証明や魅力
・安定性と将来性

をどうやって表現し伝えるかが最も重要になってきます。

 

 「採用サイト」に必要なコンテンツ11選

ここでは、必ず押さえておきたい必須コンテンツをご紹介します。
必要なコンテンツをしっかり押さえたうえで、先程述べた「自社の魅力や差別化が図れる独自のコンテンツ」を付け加えて下さい。

 

①採用サイトのトップページ

会社の顔となるトップページですが、ここでは採用コンセプトをインパクトのあるキャッチコピーで伝えることが重要です。会社としてどんな採用を実現したいのかを表現し、求職者に興味を持ってもらうことが大事です。この言葉で採用のミスマッチが防げるといっても過言ではないぐらい重要です。

 

②ビジョン

会社のミッション、ビジョン(目指すべき姿)などを記載します。注意が必要なのは、ただの会社紹介になってはいけないことです。求職者に興味を持ってもらえるように、会社のビジョンや未来を表現しましょう。

 

③メッセージ

代表や、採用担当者の想いを求職者に伝えるコンテンツです。求職者に「この事業に携わりたい!」「この会社のメンバーになりたい!」というように「共感」してもらうことが大事です。「なぜ、このサービスを展開しているのか?」「なぜ、採用を行う必要があるのか?」などの想いを伝えましょう。

 

④事業内容

ビジョン実現のために事業やサービス、商品の提供を行っているはずですので、自社事業の紹介をするページを設けましょう。

 

⑤一緒に働くメンバー

社員を紹介して、求職者に親近感を与えるコンテンツです。紹介の仕方は様々ありますが、できるだけ様々な職種の社員の紹介をしましょう。やってしまいがちなのが、代表や役員メンバーの紹介(クロストーク)ばかりしてしまうこと。現場に近いメンバーの紹介をしたほうが、求職者が入社後の想像をしやすくなります。

 

⑥働く環境

会社の施設や備品などを紹介して、働きやすさをアピールするコンテンツです。どんなオフィス環境なのか?は求職者も気になります。毎日働く場所のため、社員に向けた配慮がある環境は大切です。様々な面が見れるように、写真を使ってアピールしましょう。

 

⑦福利厚生

会社の福利厚生を紹介して、働きやすさをアピールしましょう。会社独自の面白い福利厚生などがあれば、他社との差別化になるので、積極的に発信しましょう。社員が働きやすい環境をどれだけ真剣に考えている企業なのか訴求することができますので、求職者にとってはエントリーの参考にしたい情報のひとつです。

 

⑧教育制度

教育制度は、総合職、一般職、技術職などの職種によっても変わってきますが、入社後の教育研修がどのような流れで、どのくらいの期間で実施されるのかを掲載します。企業は、求職者が入社後に仕事を覚えて、成長できるサポート体制を明確に示す必要があります。

 

キャリアパスの紹介

入社後にどのようなキャリアが描けるか?の情報を明示している企業は多くはありません。そのため入社後に描けるキャリアを紹介することも差別化に繋がります。どのような成長があるかによって自分の未来がより具体的になっていきます。

 

⑩募集要項

募集している職種の採用情報を発信するコンテンツです。採用サイトからエントリーがきて採用された場合、採用コストをぐっと抑えることができます。採用サイトを見たうえでのエントリーであれば、会社の事業や考え方に共感してくれている可能性が高いでしょう。募集要項の項目は、「仕事内容」「応募資格/条件」「勤務地」「勤務時間」「給与」「休日休暇」「福利厚生」などです。

 

⑪よくある質問

よくある質問は、求職者から多い質問とそれに対する回答をまとめたコンテンツです。エントリー方法や、採用予定人数、配属先、内定後について、募集要項に記載のない具体的な内容を質問と回答形式で掲載しておくことで求職者の不安が取り除かれます。

 

 

ぐっと差が出るワンポイント・アドバイス

情報量

ターゲットに向けた、分かりやすい情報発信が大切です。1つのコンテンツ内で、伝える情報を絞ってください。たくさん発信したいところですが、ぐっとこらえてシンプルに伝わる情報量に整えましょう。また、文字だらけで説明されても、誰も読みませんのでご注意を。

 

写真撮影

採用サイトに使用する写真は、制作会社か、プロのカメラマンに依頼することをおすすめします。デジカメやスマホで撮影した写真よりも、本来の良さを引き立ててくれます。社員に協力してもらい、リアルな情報を発信しましょう。

 

 

事実!ほぼ全ての求職者が「企業サイト」をチェックしている

求職活動において、求職者がマイナビやリクナビなどのリクルーティングサイト及び企業の採用サイトだけでなく、ほぼ全ての求職者が「企業サイト」をチェックしています。企業サイトは古いままで、採用強化のため採用サイトだけ新しく制作している企業も多いですが、その行動から「企業体質」「企業の考え方」「企業の価値観」を読み取っています。

また、それが意外と当たっているので面白い。バレていないと思っているのは企業だけで、その企業が求めているのは優秀な人材。

その矛盾に気が付きましたか?
この企業が求めている優秀な人材は必ず気付きますので、事業内容がどうこうではなく、「企業の考え方」という点でこの企業を選ばないということです。

求職者は生まれたときからインターネットが当たり前にあった世代が大半になってきています。Webサイトの閲覧やインターネット検索などは、間違いなく企業が思っている以上に優れていることを認識しましょう。そこから読み取る、感じ取る能力も優れているので馬鹿にしてはいけません。

優秀な人材を獲得したいのであれば、企業の魅力が伝わる採用サイトの制作と同時に、企業の事業や価値が伝わる企業サイトの制作も合わせて考えることが重要です。

 

 

コーポレートサイト制作に必要なコンテンツ10選(同ブログ内リンク)>>

 

 

◆私たちが提供する【WEBサイト制作】も参考にして下さい>>

 

 

株式会社フォーサイトクリエイション
大阪・本町にある株式会社フォーサイトクリエイションは、パンフレットなどのグラフィックデザイン制作からコーポレートサイトなどのホームページ制作・ブランディングまで集客・売上・採用強化などお客様のご希望にALL in ONEで、すべてお応えします。
お客様のご希望やお悩みをしっかりヒアリングすることから始め、明るい未来へとご案内いたします。
まずは、お気軽にご相談ください。

TEL:06-6556-7519
https://f-creation.co.jp/

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 



コーポレートサイトはこちら