WEB解析では、ユーザーのページ内の動きを分析し、それをもとに改善活動を行っていきます。その「サイト内でのユーザーの動き」を表す指標の1つが「滞在時間」です。

・ユーザーが何秒間サイトに滞在していたのか?
・何秒でサイトから離脱したのか?

このような情報を知ることができれば、サイトの改善点をより具体的に想像できます。

では、アナリティクスの『平均ページ滞在時間』は?

滞在時間はgoogleアナリティクスの平均ページ滞在時間で分かるのではと思われるかもしれません。
ただ、この指標は実は最後のページについてはその仕組み上滞在時間が【0秒】となってしまうのです。

例えばユーザーが、
①TOPページ 滞在時間1分

②商品ページ 滞在時間2分

③会社概要ページ 滞在時間1分

④別サイトなどへ離脱

この場合、会社概要ページの滞在時間は0秒とカウントされてしまうのです。

つまり、ランディングページなどの多くは1ページで構成されていることが多いですが、もし1ページで構成されている場合はそのランディングページの滞在時間はすべて0秒となってしまうことになります。

Googleタグマネージャーで本当の滞在時間を計測できます

それでは、Googleタグマネージャーで滞在時間を計測するメリットを、使用例をふまえて紹介していきます。

・メリット

Googleアナリティクスでは、すべてのユーザーの滞在時間が計測できるわけではありません。しかし、Googleタグマネージャーのタイマータグを使用し、滞在時間を計測することによって、すべてのユーザーの滞在時間を知ることができます。

また、〇秒まで滞在したユーザーが何名か?ということが計測できるので改善の指標に役立ちます。

・使用例

例えば、ランディングページ全体の訪問数から、1秒間滞在していたユーザー数をひくと、10秒以内で離脱したユーザー数がわかります。
10秒以内で離脱するということは、ファーストビューに何か問題があるのでは?といった様な仮説が立てられます。

このように、Googleタグマネージャーのタイマータグを使用して、滞在時間を計測することは、改善活動の仮説立てに役立てることができます。

設定方法を紹介

それでは、Googleタグマネージャーでのタイマー設定の方法をご紹介していきます。

step1.Googleタグマネージャーのワークスペースから、変数を選択し、ユーザー定義変数の新規作成ボタンをクリックする

 

 

step2.変数の設定から、データレイヤーの変数を選択

 

step3.変数名とデータレイヤーの変数名を記入

 

~記入する変数名及びデータレイヤーの変数名~
変数名:gtm.timerElapsedTime
データレイヤーの変数名:gtm.timerElapsedTime

gtm.timerElapsedTimeの変数にて、Googleタグマネージャーがミリ秒でデータを取得しています。変数の設定が完了したら保存してください。

step4.もう1つユーザー定義変数を作成する

 

 

step5.変数の設定からカスタムjavaScriptを選択

 

step6.変数名とjavaScriptを記入する

変数名:JS_ElapsedTime
カスタムjavaScript 下記をコピーして貼り付けてください。

function() {
return Math.floor({{gtmTimerElapsedTime}} / 1000);
}

こちらも変数の設定が完了したら保存してください。この変数で先ほど作成した、『gtm.timerElapsedTime』の”ミリ秒”のデータを”秒”に変換しています。

step7.『トリガー』を選択し、『新規』をクリック

 

step8.トリガーの設定から、トリガータイプ『タイマー』を選択する

 

step9.トリガーの条件等を設定する

 

 

~記入項目~
トリガー名:timer_10s
イベント名:gtm.timer
間隔:10000
制限:36
トリガー有効化条件:①Page Hostname ②先頭が一致 ③対象のドメイン 例:google.comなど

上記の設定で10000ミリ秒(10秒)ごとにタイマーが起動されることになり、10秒ごとに1イベントが
発生するということになります。

設定が完了したら保存してください。

step10.タグを選択し、新規をクリック

 

step11.トリガーをクリックし、先ほど作成したtimer_10s を選択

step12.タグの設定を選択し、タグタイプのGoogleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクスを選択

step13.トラッキングタイプを『イベント』にし、イベントトラッキングパラメータ・Googleアナリティクス設定を行う

~設定項目まとめ~
タグ名・・・任意 わかりやすいものがよいです。
タグタイプ・・・Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス
トラッキングタイプ・・・イベント
カテゴリ・・・StayTime(推奨:分かりやすいもの)
アクション・・・{{JS_ElapsedTime}} s
ラベル・・・{{JS_ElapsedTime}} s({{gtm_timerElapsedTime}}) ms
このタグでオーバーライド設定を有効にする・・・チェックを入れる
トラッキングID・・・計測したいGoogle アナリティクスのIDを記入する

タグの設定項目の記載が完了したら、保存してください。

step14.作成したタイマータグが、プレビューモードで正しく発火しているか、確認してから公開する。

測定されたタイマーを確認

測定したタイマーの結果をGoogleアナリティクスで確認していきます。
設定したタイマータグの結果は、『行動』の『イベント』で確認することができます。

また、『上位イベント』を選択し、先ほど設定したカテゴリの「StayTime」を選択します。

そして、セカンダリディメンションで【行動-ページ】を選択すれば、ページごとの滞在時間が10秒単位で
確認できます。

まとめ

特に、ランディングページなど1ページのみのサイトの滞在時間を知るには、この方法の様な設定を行わなければ本当の滞在時間を知ることができません。

このほかにも、ページがどこまで見られているかを知る方法などもございます。
ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

 

株式会社フォーサイトクリエイション
大阪・本町にある株式会社フォーサイトクリエイションは、パンフレットなどのグラフィックデザイン制作からコーポレートサイトなどのホームページ制作・ブランディングまで集客・売上・採用強化などお客様のご希望にALL in ONEで、すべてお応えします。
お客様のご希望やお悩みをしっかりヒアリングすることから始め、明るい未来へとご案内いたします。
まずは、お気軽にご相談ください。

TEL:06-6556-7519
https://f-creation.co.jp/



コーポレートサイトはこちら
お問い合わせ
お名前 *
会社名
電話番号 ハイフンなしでご記入ください。
メールアドレス *
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容
プライバシーポリシー *

株式会社フォーサイトクリエイションでは、当WEBサイトから送信いただく個人情報について、当サイトの「プライバシーポリシー」に基づいて管理させていただきますので、同意いただいた上で、情報の入力をお願いいたします。
※送信内容はSSL暗号化通信により高度なセキュリティで保護されます。