2023年7月1日は、自社でのアクセス解析において大きな変更を迫られる日になります。
なぜなら、多くの企業が利用しているGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス:UA)の提供が終了し、Googleアナリティクス 4プロパティ(通称:GA4)に全面移行が行われる日だからです。

一年以上の猶予期間があるとはいえ、データ収集の方法が全く異なり、データの引継ぎができない今回のバージョンアップは、データの蓄積が重要だったアクセス解析にとっては、少しでも早い以降が求められることは容易に想像がつくかと思います。

今回は、UAとGA4の違いを解説していきます。

 

GA4とは

GA4(Google Analytics 4)とは、GA3とも呼ばれるユニバーサルアナリティクス(UA)の次世代バージョンにあたるGoogleアナリティクスです。

今回のバージョンアップは、「バージョンアップ」ではなく、まったく別物のアクセス解析ツールになる と考えた方が良いくらい根本的に仕組みが変わります。

GA4は何が変わったのか?UAとの違い

UAからGA4に移行すると何が変わるのか?と考えるよりも、別のアクセス解析ツールとお考え下さい。

ユーザー中心の測定へ

UAではパソコンやスマホのブラウザ単位でデータ計測をおこなってきました。

しかし、現代ではパソコン、スマホ、タブレットなど、一人のユーザーが複数のデバイスでWebサイト閲覧をおこなうライフスタイルが定着したことで、ブラウザ単位の計測は時代に合わない状況になっています。

そこで、「何でどのようにアクセスがあるのか」から「誰がどれでどのようにアクセスがあるのか」というユーザー本位でのアクセス解析データになりように設計自体が見直されています。

ユーザーのプライバシーへ配慮した設計へ

GA4はプライバシーを守りながらデータの収集を行えるようになると明言されています。

GA4を利用するWeb担当者とユーザー双方が期待するプライバシー保護の取り組みに対応した変更です。

UAからGA4へ移行するべきか?

無料版UAの計測が2023年7月1日に終了すると公式にアナウンスされた2022年3月時点で、UAを継続利用し続ける選択肢は無くなりました。

GA4へ移行するべきかどうかではなく、GA4を使うか、Googleアナリティクスを使わないかの二択を迫られているのが現状。Googleアナリティクスで今後もアクセス解析をおこなう場合はGA4へ移行する以外の選択肢はありません

一方で、GA4に関する情報はまだまだ少なく、すべての人が今すぐGA4への移行業務に多くの時間を割く必要があるわけではありません。なぜなら現時点では最低限の初期設定だけ済ませてまずはデータの収集を始めることが重要だからです

ではGA4の移行へ今すぐ取り組むかどうかをどのように判断すれば良いのでしょうか?ここでは現時点で弊社が考える「早めにGA4移行へ取り組むべき方」とそうでない方をお伝えします。

早めにGA4の本格移行へ取り組みたい人

現在UAを使ってアクセス解析を”しっかりと”おこなっており、対前年比データも利用している方は早めにGA4へ移行することを検討しましょう。

UAのデータ計測が2023年7月1日で終了するため、GA4で前年同月データと比較したい場合、遅くとも2022年6月以降のデータを計測しておかなければ前年比較できない期間が発生するからです。

GA4の初期設定だけして様子見しても良い人

現在のUAで時々ページビュー数やセッション数などをざっとチェックする程度で、過去データとの比較分析もおこなっていない場合は焦ってGA4への移行に多くの時間を割く必要はありません。

GA4を移行した企業での活用が進めば今よりも更に正確でまとまった情報が出てきます。その後に細かい設定をおこなった方がGA4の設定は効率的。多くの情報が飛び交う中で、自社にとって本当に今必要な対応かどうかを冷静に判断しましょう。

ただし、GA4はデータ計測の設定をした後からしかアクセス解析はできません。GA4では計測タグを設置するだけでなく、計測したいデータを細かく設定する必要があるため、それらを加味して判断しましょう。

UAとGA4は並行してデータ計測ができる
GA4は設定後に初めてデータ計測ができる
設定する前に、どのデータ計測が必要かの検討が重要

GA4の導入方法

ここからはGA4の導入方法を見てみましょう。

今すぐGA4へ移行するかどうかに関わらず、アカウント開設から計測タグ設置までの手順に特化して解説していきます。

Google Tag Manager(GTM)の設定

Google Tag Manager(GTM)はGoogleが提供している無料のタグ管理ツールです。

UAと同様にGA4もアナリティクス管理画面内から計測タグを取得し、直接Webサイトへ設置することは可能。しかし、GA4では計測したいデータに応じてタグの設定が必要になる場面が多いため、GTMを利用して計測タグを設置することをおすすめします。

測定IDとトラッキングIDの違いと確認方法

Google Tag Managerを使ってGoogleアナリティクスの計測をおこなうには、Googleアナリティクスが発行するIDをGoogle Tag Managerへ設定して紐付けする必要があります。

その際に使用する測定IDとトラッキングIDの違いは以下の通り。

測定ID・・・GA4で計測する際に使用するID
トラッキングID・・・UAで計測する際に使用するID

UA(ユニバーサルアナリティクス)を導入済みの場合

既にUAを導入済みでGoogleアナリティクスのアカウントがある場合はUAの画面からGA4のプロパティを作成できます。

UAの任意画面から左サイドメニュー下部「管理」をクリックし、プロパティ列にある「GA4設定アシスタント」をクリックします。「新しいGoogleアナリティクス4プロパティを作成する」からプロパティを作成しましょう。

GA4設置後にやるべきこととは?

タグを設定すれば、多種多様なデータ計測が可能になるとは異なり、GA4では計測したいデータに応じた設定が必要になります。

つまり、
UAではデータを取得してから必要なデータを抽出し分析が可能
→GA4ではあらかじめどのようなデータが必要かを明確にし、その設定を行う
という考え方の変更が求められます。

つまり、重要なのが、自社で計測が必要なデータは何なのかを明確化すること

GA4では、「もしかしたらこのデータが必要になるかも」というような曖昧な状態で設定を行うと、多くの設定が必要となり大変非効率となります。
まずは、何が必要かをしっかりと整理し明確化しましょう。

◆私たちが提供する【WEBサイト制作】も参考にして下さい>>

株式会社フォーサイトクリエイション
大阪・本町にある株式会社フォーサイトクリエイションは、パンフレットなどのグラフィックデザイン制作からコーポレートサイトなどのホームページ制作・ブランディングまで集客・売上・採用強化などお客様のご希望にALL in ONEで、すべてお応えします。
お客様のご希望やお悩みをしっかりヒアリングすることから始め、明るい未来へとご案内いたします。
まずは、お気軽にご相談ください。

TEL:06-6556-7519
https://f-creation.co.jp/



コーポレートサイトはこちら
お問い合わせ
お名前 *
会社名
電話番号 ハイフンなしでご記入ください。
メールアドレス *
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容
プライバシーポリシー *

株式会社フォーサイトクリエイションでは、当WEBサイトから送信いただく個人情報について、当サイトの「プライバシーポリシー」に基づいて管理させていただきますので、同意いただいた上で、情報の入力をお願いいたします。
※送信内容はSSL暗号化通信により高度なセキュリティで保護されます。