フォーサイトクリエイションです。
コロナの影響で、対面での営業機会が減少していると感じている企業が増えています。
このような状況となり、WEBマーケティングの重要性を再確認している方も多いのではないでしょうか?

今回は、WEBマーケティングでも重要な役割を担うマーケティングオートメーション(MA)を導入できるオープンソースMauticのご紹介をさせていただきます。

無料のMAツールMauticとは

無料での導入が可能

導入コストが大きくなってしまうMAツールですが、このMauticは、オープンソースで作られています。
つまり、一般的なクラウド型MAツールのように月額固定費用やアクセス数による費用加算も必要ありません。
もちろんオープンソースですので、ツールの購入費なども必要ありません。
日々、改良を重ねておりますので有料のMAツールと比べても機能的に大きく劣るということもありません。

無料版のオンプレミス版と有料版のクラウド版

Mauticツールは、「オンプレミス版(WEBサーバーにツールを自分たちでインストール)」の利用は無料です。
自分たちでインストールや設定が難しければ、有料になりますが
ACQUIA が提供するクラウド型「Mautic Pricing」が利用可能です。

機能的には、クラウド版もオンプレミス版も違いはありませんが、
クラウド版ではレスポンスの遅延などの報告が多数あるようです。

Mauticでできること

主な機能を簡単にまとめると

1. コンタクトの管理
2. キャンペーンの作成・管理
3. 自動メール送信
4. フォームの作成
5. ランディングページの作成
6. アセットの管理
このような機能があります。

1. コンタクトの管理

Mauticを導入しているサイトに訪問すると自動的にコンタクトが生成されます。
これは、Googleアナリティクスとは違い、個を特定できますので、
「3日後に再び訪れた」「8ページ分閲覧してから問い合わせを行った」など個人の行動履歴が簡単に追うことができます。
また、問い合わせフォームなどを使用し個人情報が得られれば、その個人情報と
過去の行動履歴がひも付きさらに個人へのアプローチへの情報が濃くなっていきます。


キャンペーンの作成・管理

行動シナリオ設定によりコンタクトの行動ごとにアクションを設定できます。
・例えば、問い合わせを行った3日後に特定のメールを配信する。
・3度めの特定ページ訪問で、特別なポップアップページを表示する。
などが行えます。

3. 自動メール送信

キャンペーンでのメール配信などで使用する自動メールの設定ができます。
メールの一括送信なども行えますので、メーリングリストとしての使用も可能です。

フォームの作成

デザインの自由度はありませんが、
問い合わせフォームや資料請求フォームなどを作成できます。
導入サイトのデザインにフィットさせるには、WEBデザインの知識が必要になります。

ランディングページの作成

ランディングページの作成も可能です。ある程度デザインも用意されていますが、海外向けのものが多く日本国内で使用する場合は、独自のデザインを導入する方が良いと思います。

アセットの管理

ファイルのダウンロード機能を設定できます。
コンタクトに詳細が登録されますので、ダウンロードされたファイルごとに行動履歴を追うことが可能になります。

このように様々な機能が導入可能です。しかし、MAツールの導入で最も大切かつ難しいのはシステムの設定でもインストールでもありません。それは行動のシナリオ作りです。

Mauticの導入からシナリオ作りまでまるっとお任せください。

フォーサイトクリエイションでは、Mauticの導入からシナリオ作り、そして運用のお手伝いまで一貫したサービスの提供が可能です。
Mauticに関する不明点や機能の説明をして欲しいなどご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。

株式会社フォーサイトクリエイション
TEL:06-6556-7519
https://f-creation.co.jp/

お問い合わせはこちら