コロナ禍が続くなかで、「勝ち組」と「負け組」がはっきりと分かれている。
その例として特に目を引いたのは、アパレル業界における「勝ち組」と「負け組」です。

アパレル業界といえば、コロナのダメージを直に受けている業界の1つ。外出する機会が減って、服を買う機会も減ったため、業界全体が大きなダメージを受けている。しかし・・・

全体が沈んでいるアパレル業界の中でも、売上をグングン伸ばしている企業がある。その違いはいくつかあるが、一番最初に取り上げられていたのが、『集客方法』の違いだった。

大ダメージを受けている「負け組」の多くは、百貨店や大型商業施設に入っているところ。集客を百貨店に依存している状態なので、百貨店が営業を自粛すれば、売上は途端に0になってしまいます。また、そもそも百貨店に来る人が減れば、その店の売上も下がってしまいます。自社で売上をコントロールすることが出来ません。

逆に、郊外に店舗を持っていたり、ネットで販売出来たり、自社で集客する方法を持っているところは、順調に売上を伸ばしている。もちろん要因は、それだけではないかも知れないが、これはとても重要なことです。
つまり、集客を他社に依存すれば、ピンチや変化に弱くなるということ。

「集客」は事業の生命線。それを他社に依存してはいけない。

だから、今こそ自社で集客する力をつけよう。特にこれからの時代、これは必須だ。
テレワーク、STAY HOMEで、人々の行動は180°変わった。明らかに、以前と同じように活発に外に出て移動することは減るだろう。

そんな大きな変化が起きた後で、今までと同じように事業を運営していくのは、ちょっと無理がある。
わざわざ外に出なくても、今はネットで大抵のことは出来る時代。このコロナで、みんながそれに気がついてしまった。

ネットでも何でも、「自社で集客する力」「自分たちの存在やサービスや商品を知ってもらう力」をつけないといけない。
他社に依存していたり、偶然の通りがかりを待っていては・・・この先、事業を継続していくことは難しくなるだろう。

外国人を当てにし過ぎたホテル業界や観光地は大慌てて日本人向けのサービスを検討し、
採用に関しては、リクルーティングサイト頼りの採用から抜け出せていない。
オフィシャルサイトよりもリクルーティングサイトの情報の方が企業のことが良く分かったり、
オフィシャルサイトのTOPページだけ綺麗にしたり、採用サイトだけ新しく作成している企業も多くあるが
そんなことで誤魔化される学生でも時代でもない。
そういう体質の企業であることをしっかりと読み取られています。

まずは、費用対効果の高いホームページの整理や見直し・強化から進め、「他力本願」からの脱却を目指しましょう!

 

株式会社フォーサイトクリエイション
TEL:06-6556-7519
https://f-creation.co.jp/

お問い合わせはこちら