会社案内はプレゼンテーション資料です。

会社案内パンフレットのデザイン制作を簡単にすませていませんか?

会社案内パンフレットは「企業情報」「事業内容」「沿革」を語るだけの資料では無く、競合に勝つためのプレゼンテーション資料です。つまり営業マンのセールストークそのものの流れを意識した、情報の構成でなければ意味がありません。

会社案内パンフレットの目的は様々です。用途に合わせてターゲットが求めていることに応えられているかが最大のポイントになります。自社の強みを整理し、同業他社との差別化を意識し、目的に合わせたアピールを行なう。簡単そうに見えて実は一番難しい作業です。

ホームページが主流のこの時代に、わざわざ会社案内パンフレットを制作する意味は何でしょうか?厳し言葉かもしれませんが、目的が達成できない会社案内パンフレットであれば、もはや作る意味が無いかもしれません。

 

会社案内パンフレットの制作ポイント

①目的を決める

会社案内を作る際に陥りやすい間違いとしては、最初にデザインを決めてしまうことです。しかし、デザインにばかりこだわっていると、中身のない会社案内に仕上がってしまう恐れがあります。

また、デザインから着手してしまうと、内容を挿入したときに制限が出てきてしまい、デザインを変更することになるかもしれません。そうすると、会社案内の制作に時間が掛かってしまいます。

そのような無駄を避けるためにも、会社案内を作成する際はまず目的から決めましょう。
なぜ会社案内を作るのかといった目的や、読んでもらいたい対象を具体的に考えます。

 

掲載するコンテンツを決める

目的が決まれば、次はパンフレットに掲載するコンテンツを決めます。あれやこれやと欲張ってたくさんの情報を掲載しても、読む側からすると分かりにくく目的が達成できない場合があります。その前に、内容が多すぎて読む気を無くされては、せっかく制作しても無駄になってしまいます。

「ターゲットが何を求めているのか?」「目的を達成するために必要なコンテンツとは?」を考え、出来るだけコンパクトにまとめてください。

 

③基本コンテンツの紹介

会社案内パンフレットの目的が何であろうと、最低限必要な基本コンテンツを紹介します。

【会社概要】

設立した年月日や所在地、資本金、社員数などの会社基本情報を掲載します。会社概要は、重要な情報となるため、見やすい文字で掲載する必要があります。

【企業理念】

企業理念や、企業姿勢など、企業としての信念を掲載します。画像や、図表、インパクトのあるキーワードを使って分かりやすく表現してください。

【代表メッセージ】

代表者のメッセージは、取引先企業や投資家がチェックすることもあるので大切な項目です。

【沿革】

会社案内には、会社の歴史を紹介する項目も必要です。歴史のある企業であれば、アピールポイントの1つとなります。写真を合わせても分かりやすいパンフレットになります。とはいえ、社史が浅く掲載できる内容が少ない場合は、無理に掲載する必要はありません。

【業務内容・商品紹介など】

業務内容やサービス、取り扱い商品を具体的に紹介していきます。商品写真や事例を掲載し、企業の魅力をアピールしていきます。

 

④競合と差をつけるコンテンツ

企業や目的によって、もっともっと差をつけるコンテンツはありますが、今回はその一部を紹介します。

【ビジョン】

企業のビジョンや将来性などをインパクトのあるキャッチコピーで伝えます。夢の無い企業は魅力的ではありません。

 

【存在価値】

世の中から求められている理由を分かりやすく、しっかり伝えましょう。また、社会や社員に対する貢献(約束)を伝えるのも効果的です。

 

【自社の魅力】

競合よりも勝っている点や独自の魅力をしっかり訴求しましょう。はっきりとしたものが現在ないのであれば創りましょう。

 

【実績紹介】

重要なのは、「どんなコトができる企業か?」ということです。モノではなく、コトを伝えましょう。

 

 

⑤目的を達成できない会社案内パンフレット

会社案内パンフレットが目的を達成できない良くある理由を紹介します。

【デザイン・構成に問題がある】

内容にこだわらず安価に制作したり、コンテンツやコピーライティングが考えられない制作会社に依頼などが一番多い理由です。目的を達成すれば大きな利益が得られるのに、安価で利益を欲張ると失敗します。目的を達成できるプロの制作会社に依頼する方が、目的も達成でき、結果的には安く、いやプラスになって還ってきます。

 

【写真が良くない】

写真が古い・画質が悪いなどは良く見かけます。会社案内パンフレットはプレゼン資料です。イメージが良くない写真は使ってはいけません。しっかりプロが撮影した写真を使いましょう。

 

【目的を叶える戦略が無い】

会社案内パンフレットだけ考えてもダメです。いつ・どこで・誰が・何のために・どのように使うのかが考えられていないケースも目的を達成できません。会社案内パンフレットだけでなく、その前後のツールも考えて目的を叶える戦略を組み込まなければ利益を得ることは出来ません。

 

 

⑥仕様・デザインを決める

最後に、会社案内パンフレットの仕様とデザインを決めます。会社案内に掲載するコンテンツの内容も大切ですが、目的を達成できるデザインや仕様にすることも大切です。ホームページとは違い、会社案内パンフレットは手に取って見ますので感触も大切なデザインです。

仕様が安い・悪い=それで良しとした企業の価値観=企業そのもの

がとても伝わりますので注意して下さい。

 

まとめ

会社案内パンフレットで一番重要なのは、その目的を叶えるコンテンツをしっかり考えられるかということです。
そのコンテンツが、ターゲットにより伝わるようにデザインと仕様を考えます。デザインとは、言葉だけで伝えるよりも遥かに訴求力があります。

「言葉」「デザイン」「仕様」すべてを駆使してターゲットに想いを届けましょう!
そうすれば、きっと想いは届きます。

 

◆私たちが提供する【グラフィックデザイン制作】も参考にして下さい>>

株式会社フォーサイトクリエイション
大阪・本町にある株式会社フォーサイトクリエイションは、パンフレットなどのグラフィックデザイン制作からコーポレートサイトなどのホームページ制作・ブランディングまで集客・売上・採用強化などお客様のご希望にALL in ONEで、すべてお応えします。
お客様のご希望やお悩みをしっかりヒアリングすることから始め、明るい未来へとご案内いたします。
まずは、お気軽にご相談ください。

TEL:06-6556-7519
https://f-creation.co.jp/



コーポレートサイトはこちら
お問い合わせ
お名前 *
会社名
電話番号 ハイフンなしでご記入ください。
メールアドレス *
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容
プライバシーポリシー *

株式会社フォーサイトクリエイションでは、当WEBサイトから送信いただく個人情報について、当サイトの「プライバシーポリシー」に基づいて管理させていただきますので、同意いただいた上で、情報の入力をお願いいたします。
※送信内容はSSL暗号化通信により高度なセキュリティで保護されます。