フォーサイトクリエイションです。

「自分たちが求める人材の確保ができない」
「入社しても、すぐに辞めてしまう」
「そもそも、入社してもらいたい人材がはっきりしていない」

この様な悩みを持っている採用担当者は多いのではないでしょうか?
その悩みを解決するには、まず採用戦略を見直すことが近道かもしれません。

企業が求める人材を適切かつ的確に得るためには、採用戦略の確立がかかせません。
しかし、一口に採用戦略と言ってもその考え方や方法論は様々です。

今回は、採用戦略でも弊社が基礎と考える6つの要素を紹介しながら採用戦略とは何かを説明していきます。

採用戦略の6つの要素

①入社希望者分析
②求める人材の明確化
③採用コンセプトの確立
④コミュニケーション戦略
⑤求める人材を確保する選考方法の確立
⑥目標設定と採用スケジュール制作

採用戦略の確立には、この6つの要素の確立が必要不可欠です。

①入社希望者分析

まず、過去の採用の分析を行います。

・入社した人
・内定辞退した人
・不採用にした人

など、分類し分析します。
どのような考えを持った人が、
入社したのか
辞退したのか
不採用になったのか
をしっかりと知ることが採用戦略の見直しの第一歩となります。

②求める人材の明確化

入社希望者分析と合わせて求める人材の明確化を行います。

・自分たちに今足りない人材は?
・発展のために必要な才能は?

現状だけでなく、未来を見据えて欲しい人材の明確化を行います。

③採用コンセプトの確立

求める人材が明確化後、採用コンセプトを立案していきます。
自分たちの求める人材には、どのようなコンセプトが響くのか、伝わるのか、共感を呼ぶのかをつめていきます。

④コミュニケーション戦略

採用コンセプトを求める人材に響くデザインとキャッチコピーで告知し求める人材を集めます。
特に、オリエンタルベーカリー様は、大手の求職者向けサイトの利用を行わないことからも、コミュニケーション戦略は重要になります。
自社コーポレートサイト、採用サイトそしてSNSの役割と活用方法を明確にし、コンセプトにあったデザイン、求職者とコミュニケーションを行うためのSNS戦略などを確立する必要があります。

⑤求める人材を確保する選考方法の確立

採用方法も、エントリー→面接→SPI→面接…という一般的な流れだけでなく、【企業】の特長を全面に押し出した形の採用方法を導入する事も【自分たちらしさ】の表現に繋がります。
その【らしさ】は、求職者の共感という形でのリターンが期待できます。

⑥目標設定と採用スケジュール制作

以上の5つの要素を固めた上で、具体的な目標設定を行います。
エントリー者数、内定者数、入社数などを各選考方法毎に落とし込みその上で詳細なスケジュールを作成します。

・時期的な目的
・採用方法ごとの目的
・短期から長期的なスケジュール制作

新卒採用だけでなく、キャリア(中途)採用も含め、必要な人材を必要な時期に必要な人数を確保できるように
目標とスケジュールを確立します。

採用戦略とは

採用戦略とは、

「自社の欲しい人材を 欲しいときに 欲しい数だけ確保するための戦略」

と言い換えることができます。

上記の6つの要素を順に確立していけば自ずと、採用戦略の基盤が出来上がります。

しかし、自社のみでその確立を行うのは難しいと思われた方はぜひフォーサイトクリエイションまでお問い合わせください。

お問い合わせはこちら