商業施設ブランディング

フォーサイトクリエイションが提供する商業施設ブランディングとは

施設の想いや魅力とマーケット情報を掛け合わせ、
施設独自の価値を創造し、勝つためのポジショニングを確立する商業施設ブランディング。

商業施設ブランディングとは?

商業施設のブランディングとは、商業施設自身の価値を高め、競合施設とは違う独自の魅力や強みを確立することです。

施設全体としての想いやメッセージを発信し、価値やイメージを向上させる取り組みが商業施設ブランディングです。
また、消費者だけではなく幅広い対象(従業員、入社希望者、行政、取引先、地域社会など)に向けたアプローチにも大きな影響を与えます。

商業施設ブランディングの目的

施設の魅力や価値を発信して施設自身の価値を高め、競合施設との差別化を明確にすることにより、施設のサービスを優先的に利用してもらい、売上を向上させることです。

商業施設ブランディングが成功すれば、競合施設との価格競争や品質競争から回避でき、結果として自社の施設が選ばれる可能性が高くなります。

商業施設ブランディングのメリット

1.価格競争からの回避

ユーザーがその施設に対して特別な愛着と信頼性を持つことにより、競合施設のサービスの価格よりも多少高くても選んでもらえるようになります。

 

2.リピート及び新規ユーザー獲得コスト削減

既存ユーザーの顧客離れを防止することができるとともに、認知拡大による新規ユーザーの獲得も可能になり、広告コストをかけずに自社の施設を選んでもらえるようになります。

 

3.優秀な人材の確保

施設の品、質、サービスを向上させるのは人材です。優秀な従業員の流出を防ぎ、新たな優秀な人材を獲得する。このように優秀な人材を維持し続けるためには商業施設ブランディングは不可欠です。

制作するうえで大切にしていること

①ヒアリング

施設の姿勢やビジョン、サービスなどの強みや特徴をマーケット調査やヒアリングをもとにプロ目線・第三者目線から創造していくことから始まります。

 

②強みや特徴の言語化

施設の「ここにしかない価値」を言語化する精度が高ければ高いほど、多くの人に伝わりやすいブランディングが可能になります。一緒に強みや特徴を見つけていきましょう。

 

③予算を決める

商業施設ブランディングは施設の目指すべき姿を実現させることであり、それがもたらす効果や利益(認知拡大・集客増加・売上向上・人材確保など)は計り知れませんが、年商や売上目標からそれを得るための投資金額を決めてください。

 

④スケジュール(納期)

スケジュールに合わせて納期を決めましょう。商業施設ブランディングは施設の規模や要望内容によって大きく変動しますので一概にはお伝えしにくいですが、最低でも3ヵ月前にはキックオフできる状態が望ましいです。ギリギリになって急いで進めても、想定していたメリットも得られなくなりますので、余裕をもって準備を進めていくことをお薦めいたします。

 

⑤制作会社選びが肝心

類似施設が溢れる世の中ですが、目的を叶えられるように企画力とデザイン力を駆使して、施設の「ここにしかない価値」の発信を進めていきます。
私たちフォーサイトクリエイションのミッションは、「クライアントの未来を創造すること。そして一番近くで祝福すること。」を掲げ、全力でサポートさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

プロジェクトフロー


  • 1 分 析

    競合調査、マーケット調査、売場環境調査、
    社内インタビュー、アンケート

    現状分析、課題の洗い出し

  • 2 戦 略

    課題改善策、ブランド価値の創造

    あるべき姿、ターゲット設定

    コンセプト開発、USP開発

    各ポジションへの展開、広告プロモーション戦略、
    商品開発、ターゲット心理

  • 3 デザイン

    クリエイティブ力
    ネーミング、ロゴ、シンボルマーク、
    空間デザイン、ウェブサイト、パンフレット、
    営業ツール、広告媒体デザイン、SNS etc…

ピックアップ実績

More
ページの先頭へ移動
応援キャンペーン実施中
問い合わせはこちら
HP無料診断お申込み